変えるべきは高校教育ではなく、大学教育ではを真剣に考える時期だ!

大学の四年間は、親元を離れる人も多く、教育段階で最もお金がかかる時期です。高校までとは比較になりません。そんなに高い金を払わせるのであれば、それに見合った教育を施してほしいし、自分たちで何とかしろ!っていうスタンスなのであれば、高い授業料を取るのは止めてほしい。

所謂受験テクニックなどというものは存在しないは本当だろうか?!

難関といわれる大学は、どんな生徒が入ってもいいと思っているわけではありません。頭に思い描く生徒像があり、入試試験を課すことで、それらの生徒を選抜しているんです。それをたった数時間の試験で行わないといけないので、問題考える方は必死です。公式や単語を丸暗記しただけの人間なんて、どこの難関大学も欲しくはありません。

「奨学金はお金が無い家のため」借りるのは今や思い込みでしかない

今、奨学金の制度が変わっているのは知っていますか?奨学金制度といえば、お金に困っている人が利用するのでは…というイメージを持つひとも多いのではないでしょうか? 制度のことはなんとなくは理解しているつもりだけど、実際のところはどうなの? 近年の奨学金制度について伺いました。

東大生だけが 知ってる 試験で使える 3つの得点アップ テクニックとは!?

例えばです。60点取れば合格の100点満点の試験があって、80点分は簡単な問題、20点分は難しい問題だったとしたら、あなたはどこから手をつけますか?自分は絶対に80点の方から手を付けます。80点分の中から絶対に60点分取るように勉強し、20点分の問題は時間が余ったら手を付けます。あらかじめきちんと80点分の方の対策に時間を掛け、20点分は「取れたら取る」ぐらいの勢いでしか勉強しません。

東大生が浪人して得た教訓:マル秘勉強テクニックとは!?

東大に一度落ちた人間は、この事実に気付くのです。「ただ知識を入れるだけの、インプットではダメなんだ。疑問を持って、知識を深掘りして、アウトプットしながら勉強する事が重要なんだ」、と。だからこそ彼らの多くは『ただ写すだけ』を避け、多くの場合は「本当に頭に入ったかどうか」をチェックするアウトプットの時間の方を長くとります。

試験直前に勉強しても間に合う勉強方法を教えます!

試験の前に余裕を持って計画していたにも関わらず、何かしらの理由で邪魔が入り、今や勉強するための時間がほとんどないありさまとなってしまいました。そんな時でもパニックにならず、段階を追って準備を進めて確実に良い成績を取ることは十分可能です。早くできて簡単なやり方で試験準備をし、きちんと集中して勉強できます。試験の前日にはしっかり準備が整っていて、自信を持って試験に臨めるようになります。

MARCHと日東駒専のレベル差を比較を徹底調査して見たました?!

MARCHと日東駒専のレベル差につきまして、偏差値面、就職面、人気・知名度面、合格に必要な勉強時間に分けられてご紹介します。偏差値面MARCHの偏差値を調べますと、偏差値60が1つの目安であってここを前後してすべての学部が名を連ねているのです。理系の学部は若干偏差値を落としますが、それほどでも55や57.5は確保できています。

スポンサーリンク




カテゴリー




カテゴリー