愛知教育大学・春の時計台は呼んでいる

沿革

愛知第一師範学校、愛知第二師範学校、愛知青年師範学校を母体として、1949年(昭和24年)に新制大学の愛知学芸大学として設置された。初代学長は物理学者の内藤卯三郎。1966年に愛知教育大学に改称された。

愛知学芸大学発足にあたって、豊川市に豊川分校[3]、名古屋市に名古屋分校が、安城市に安城分校が設置され、豊川分校は岡崎市に移転の後、本部が設置された。また、安城分校は校地を名古屋大学農学部に譲って本部に統合された。発足時は、岡崎高等師範学校との統合も検討されたが、師範学校と高等師範学校の校風の違いなどから、岡崎高等師範学校は名古屋大学との統合を選択した。

スポンサーリンク

岡崎市と名古屋市の間では、ことあるごとに機関の誘致合戦が起こる状態だった。大学側は1965年、ついに附属学校を除く全機関を統合移転することを決定[4]。1966年、移転先は両市の中間に位置する刈谷市井ヶ谷町とする旨が発表される[5][6]。両市からは反発が大きかったが、1970年には完了した。現在、岡崎市には、附属小学校、愛知教育大学附属岡崎中学校、愛知教育大学附属特別支援学校が、名古屋市には附属小学校、愛知教育大学附属名古屋中学校、愛知教育大学附属幼稚園が残るのみである。この影響で愛知教育大学附属高等学校も大学と敷地を共有する形で刈谷市に置かれている。

刈谷市統合後、岡崎の旧本部キャンパスは大学共同利用機関法人自然科学研究機構の3研究所、旧名古屋分校キャンパスは、名古屋大学大幸キャンパスに転用された。

2020年4月1日、副学長の野田敦敬が学長に就任した。

スポンサーリンク

附属学校
愛知教育大学附属幼稚園
愛知教育大学附属名古屋小学校
愛知教育大学附属名古屋中学校
愛知教育大学附属岡崎小学校
愛知教育大学附属岡崎中学校
愛知教育大学附属高等学校
愛知教育大学附属特別支援学校

学生生活
大学祭
大学祭実行委員会により、例年5月の平日3日間と土日2日間、合計5日間にかけて開催されている。スポ祭、ミニゲーム、ステージ発表、夜祭、目玉企画などの企画がある。

子どもまつり
子どもまつり実行委員会により、例年5月と12月の土日2日間にかけてそれぞれ開催されている。主に教員を目指す本大学生と周辺地域の小学生を対象に、学生と子どもがふれあう機会を提供することを目的としている。

秋の祭典
秋の祭典実行委員会により、例年11月の土日2日間にかけて開催されている。通称、「秋祭」。スポ祭、ミニゲーム、ステージ発表などの企画がある。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーリンク