学校・子育て・教育・勉強一覧

「奨学金はお金が無い家のため」借りるのは今や思い込みでしかない

今、奨学金の制度が変わっているのは知っていますか?奨学金制度といえば、お金に困っている人が利用するのでは…というイメージを持つひとも多いのではないでしょうか? 制度のことはなんとなくは理解しているつもりだけど、実際のところはどうなの? 近年の奨学金制度について伺いました。

中学受験の 女子 御三家は いまや “女子四天王”の 時代へ突入した!

中学受験界で東京の女子御三家といえば桜蔭(募集235人)、女子学院(同240人)、雙葉(同100人)。 この3校は同じ2月1日に入試が行われることから志願者が分散。大手中学受験塾の日能研が最近公表した合格可能性80%ラインの偏差値は桜蔭67、女子学院67、雙葉65。2月2日が入試の豊島岡(同160人/※帰国枠含む)は66(第1回目)だ。豊島岡は3日連続で入試が行われ、3日と4日(同各40人)はともに偏差値68に跳ね上がる。

受験者数日本一!栄東中 その人気の理由を解き明かす!

桜花ゼミナールでは中学受験の合格者が続々と報告され、吉祥寺校は史上最多の合格者数を更新。埼玉県内の難関校である私立埼玉西中学校には上杉海斗、田中利休、藤原昴、村上一真、毛利光の5人が合格。新年度入塾希望者に向けたチラシにも「埼玉西5名」と合格者数を記し成果を誇らしげにアピールした。 この埼玉西のモデルとなっているのが、実在する男女共学の栄東(さかえひがし)だ。

埼玉・栄東中は人気の難関校・入試の名物の看板は心を和ませる

超難関の御三家を目指す受験生とその保護者の間で超人気の前受け校(すべり止め校)が私立の栄東中学(さいたま市見沼区)だ。中学受験を描いた日本テレビ系10月期ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」に登場した架空の「埼玉西中学」のモデルとなった学校として全国的に知られている。“すべり止めの星”と呼ばれ、毎年1万人以上が入試に挑む全国最多のマンモス受験校の朝を取材した。

筑波大学附属駒場中学校の入試は国内最難関です!抜群の東大合格実績!

国内最難関中学校として知られる筑波大学附属駒場中学校の入学試験が3日、東京都世田谷区の同校で行われ受験生が狭き門に挑んだ。大手進学塾のSAPIX(サピックス)小学部が年末に公表した80%判定偏差値によると、1日に入試を行った男子御三家の開成が67、麻布が62、武蔵が60。これに対し筑駒は71と最高クラスの難易度だ。

攻玉社中学校で算数1科目の特別選抜入試を実施!(東大、早慶の合格常連校)

新興の進学校として知られる私立男子中高一貫校の攻玉社中学校(東京・西五反田)で5日、特別選抜の入試が行われた。試験科目は算数のみで、受験生(応募者158人)は午前8時40分から算数I(50分、50点)、同9時45分から算数II(60分、100点)の試験に挑んだ。

十分な教育を受けさせれない親は子供に何を教育すればいいのか?

親の見栄で分不相応な教育を与えようとすると子供は荒れる。もし、経済的な理由で子供に十分な教育を与えてやれないならば、親はどうすればよいか。答えは簡単である。自分のありのままの姿を、子供の前にさらけ出してやればよい。一生懸命働いて生きている親ならば、自分が必死で働いている姿を、子供に見せるだけでいい。そんな親の姿を目の当たりにした子供は、親がこれだけ頑張って働いているのに進学できないのなら、進学以外のルートで人生を切り拓いていこうと決意するはずだ。

子どもの教育費を、どう準備するのが一番いいですか?

いろいろと準備や工夫をしても、思わぬ支出や収入の減少などで教育資金が足りなくなったり、公立への進学を想定していたけれど、子どもが私立への進学を希望するといったケースもあるでしょう。そんなとき、所得が一定以下の場合に利用できる制度が①「高等学校等就学支援金制度」と②「高校生等奨学給付金」です

子どもの教育費は、どう準備するのがいいですか?

具体的に大学資金をどのように準備したらよいのでしょうか。まず、わが子にどのような教育を受けさせたいのか、ご家庭の教育方針を家族で話し合っておくことが大切です。小学校から私立に通わせたいのか、中学校・高校は地元の公立なのか、大学はどうするのか。それらによって教育資金の目標額が大きく変わってきます。

子どもの教育費はどのように準備すればいいのですか?

よりよい教育を受けさせたいと思えば、教育費はどんどん膨れ上がります。子どものための出費が重なり、やっと子どもたちが巣立ったと思ったら、自分たちの老後資金が足りない。そんな事態にならないよう、教育資金をどう準備するか、早いうちから計画を立てておくことは非常に大切です。

小学生の不登校児は5万人以上。対策で「フリースクール」という選択肢もある

多様性の時代に「フリースクール」という選択肢もある。多様性の時代に知っておきたい "小学校ではない "学びの選択肢"子どもが楽しければ、どこにいてもいい"自らの手で「YESインターナショナルスクール」を開校した竹内薫さんは、"長女に通わせたい学校はない "と語っています。小学校以外の学習方法とは?

スポンサーリンク




カテゴリー




カテゴリー