大学受験関連一覧

東京大学に合格する為の勉強法はズバリこれです!

勉強はもちろんガムシャラに頑張る根性も大切ですが、限られた時間の中で着実に実力を伸ばしていくためには、まずは勉強法を学ぶことが大切になります。正しい勉強法・学習習慣を身に着けることで、より短期間で無駄なく学力を伸ばしていくことができるでしょう。具体的な勉強方法については、以下の記事を参考にしてください。

高校から見た評価の高い大学ベスト15ランキング!

全国の進学実績のある高校1228校の進学指導担当教諭が「生徒に勧めたい大学」、「生徒が進学した先でのびのびと学んでいる大学」などとして回答した大学のランキング。全国の進学指導担当教諭が生徒に勧める大学ということで、手堅く、無難で、就職にも有利に働く大学で、比較的狙い目の大学という部分もあるような気もします。

早稲田大、慶應義塾大の合格者が多かった学校はどこか見ていこう

早稲田大は13年連続で「開成(東京)」がトップだった。合格者は昨年より14人増加して235人。学部別では政治経済、基幹理工、先進理工、創造理工の4学部でトップだ。2位はこの3年、144人→164人→193人と順調に合格者を増やしている「渋谷教育学園幕張(千葉)」で、法学部でトップに立った。3位は「聖光学院(神奈川)」で、

医学部の裏口入学は本当にあるのか?その不公平な話とは何か?!

ここで、医学部入試の一般的な仕組みについて説明をしておきたい。医学部入試に特徴的なのは、国公立・私立を問わず、ほぼ全ての大学で前述の面接試験が必須であるという点だ。事前に、面接試験に使用するための「志望理由書」(就職試験におけるエントリーシートのようなもの)を書かされることも多い。

全国739の進学校からの「オススメ大学」ランキング

やはり首位は「教育力」東大、「改革力」早稲田大、「面倒見」金沢工業大。 新型コロナウイルスの感染拡大の中で行われた21年度入試は、今までにない結果となった。鳴り物入りでスタートした大学入試改革は、国語と数学の記述式の出題や英語民間試験の活用は中止になった。改革の目玉が中止になった大学入学共通テストの志願者は2万人以上減少

評価を高めた大学はズバリ 立命館アジア太平洋大学、金沢工業大学などだ

これまでの「大学入試センター試験」が廃止され、「大学入学共通テスト」が導入されます。今年は、入試制度の変更に神経質になりがちな受験生を、新型コロナウイルス感染症の拡大という大きな波が襲いました。しかし、高い評価を受けている大学がある。グローバル大学に分類される立命館アジア太平洋大学(APU、大分県別府市)である。

私立大学の学部別の偏差値を一覧で確認できます!!

82慶応義塾大(法) 早稲田大(政治経済)81慶応義塾大(文) 慶応義塾大(総合政策) 慶応義塾大(経済) 早稲田大(法) 80慶応義塾大(商) 早稲田大(商) 早稲田大(国際教養)79国際基督教大(教養) 上智大(国際教養) 早稲田大(文) 早稲田大(文化構想) 早稲田大(社会科)78上智大(法) 上智大(総合グローバル)77同志社大(グローバル・コミュニケーション) 立命館大(国際関係) 関西学院大(国際)7

最もおトクな大学は?関関同立の「真の実力と人気」を独自判定してみました!

実力、人気共に関西トップ私立大学群である“関関同立”(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)を五つの独自指標で徹底比較!関西の私立大学では同志社大学が頭一つ抜けている印象が強いがその実態は?では日本を代表する私大14校、早稲田・慶應義塾・上智・東京理科・学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政・関西・関西学院・同志社・立命館大学をピックアップ。人気・実力を測るべくレーダーチャートで比較している。

センター試験時代とはここが違う!大学22年入試「共通テスト」の傾向と対策

2021年入試の“大イベント”だった、センター試験から共通テストへの移行。実際の試験問題の傾向や難易度はどうだったのか。特集『入試・就職・序列 大学』(全23回)の#16では、21年の入試から、22年入試の必勝法を探る。初年度に出題された内容を分析し、2年目となる来年の傾向を読み解く。

早慶上理の「真の実力と人気」を独自判定!最もおトクな大学は?

実力・人気共に国内トップ私立大学群である「早慶上理」(早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学)を五つの独自指標で徹底比較!特集『入試・就職・序列 大学』(全23回)の#14では、偏差値だけでは分からない“序列”の実態に迫る。ここでは日本を代表する私立大学14校、関東の「早慶上理」(早稲田・慶應義塾・上智・東京理科大学)、

スポンサーリンク