男子の育て方の答えは言葉とスキンシップの両方で表現をしてあげること

カテゴリー

男子の育て方の答えは言葉とスキンシップの両方で表現をしてあげること

現代は核家族で少子化じだいですから子育ての経験を積んでいるおばあんは隣に居ません。
そこで子育てに悩むお母さんが急増しております。

経験に裏打ちされた子育ては昔の話で、今はそれぞれの家庭が試行錯誤で子育てに忙しいのです。特に苦労するのが「男の子」の育て方だという意見はよく聞かれます。

スポンサーリンク

お母さんにとっては昔は自分が女の子でしたから、経験上はいくつか知っていることも
多いのですが、「男の子」の育て方となると、全く初めての経験になってしまうのです。

大抵の若いおかあさんは、男の子の場合は未経験が多く特に男の子特有の突飛な行動に
日々悩むことが多いといいます。

スポンサーリンク

今や一人か二人の子供しか生みませんからお母さんのも族のなかに弟がいてその面倒を
面倒を見た経験もないので、勢い旦那さんに相談するのですが、その旦那さんも子育ては
女性任せと相場が決まっております。

幼稚園・小学校・中学校・高校・と常にお母さんがその場所にに出現しますが男性の姿は
せいぜい学芸会と運動会に出ればよいほうではないかと思います。

スポンサーリンク

そこで子育てで一番大切なのこては3つです。

この重要な3つのポイントを押さえて置けば子育てに迷った時の参考になると思います。

しっかり3ポイント

ポイント1は誰でも知ってる「愛情」を注ぐことなのですが、この愛情は皆さん沢山あると
必ずいいますが、それをどの様に表現するを知らないお母さんが多いのです。言葉にしたほうがいいのか、スキンシップで表現したほういがいいのか?。

スポンサーリンク

答えは言葉とスキンシップの両方で表現をしてあげることなのです。そして必ず頭を撫でてあげることを忘れないようにすることがポイントなのです。飼い犬の頭は撫でるが何故か我が子の頭は撫でないおかあさんが子供の頭は撫でるに限ります。

そうしますと必ず子供にも伝わりますし、おかあさん自身もそれによって癒されます。ポイント2としては塾よりも一緒に遊んであげることです。

スポンサーリンク

英語もピアノもダンスも水泳も習わせてあげたたい気持ちは分かりますが大事なのことは一緒に何かをすることによるその経験が子供にとって大きな宝となるのです。

このことは数年経たないと成果としては見えてこないものですが、小学生に入るまでには
世のおかあさん方が気づくばあいが多いと言います。

スポンサーリンク

共働きで育児に手が回らないというお母さんの嘆きも聞こえてきますが子育てをする時期は
子供の人生80年の内のほんの数年にすぎません。

子育てにやり直しは出来ませんし地球は回っておりますので時間を取り戻すことは出来ません。

スポンサーリンク

ポイント3としては妥協して子供の力にまかせようという信念を持つことです。

これが一番難しいかもしれませんが、いつまでも子供ではないという自覚を持たせる意味で
すこしづつ成長させる意味で頑張る姿や挑戦させることを経験させ親が子供を信じて上げ
子供にやらせてみることです。

スポンサーリンク