2020年10月一覧

子育てを考えるコロナ禍で見えてきた面倒見の良い大学必見!

2021年度入試がどうなるのかは、全くの未知数だ。大学入試改革元年である上に、新型コロナウイルスの影響を受け、大波乱が起こる可能性がある。その兆候は、大学通信が例年実施している全国の進学校の進路指導教諭へのアンケートの結果に表れています。

「地方私大が消滅」コロナ禍と戦い悲劇に直面していくか

コロナ禍で「地方私大が消滅」とう悲劇に直面。「大学のオンライン化推進に向け、遠隔授業で取得できる単位数の上限(60単位)を緩和してほしい」。新型コロナウイルス禍が深まる中、早稲田大や慶応大などが加盟する日本私立大学連盟が文部科学省に提出した要望書が波紋を呼んでしる。

中学受験の倍率が軒並み上昇している理由?

お子さま一人ひとりの個性が違うからこそ、中学校選びも決まった正解はありません。どの中学校にもよい点はたくさんあります。その中でお子さまにとってメリットが一番大きな環境はどこなのか、またその環境で学ばせるお子さまやご家庭に合うのはどんな中学校かを考えていきましょう。

早稲田・慶応の合格者数を今年大幅に飛躍的に伸ばした高校はどこか?

今年の私立大入試は、18歳人口が減少する中、志願者が昨年に比べて約7%増える人気だった。国公立大が7年連続の志願者減となったのとは対照的な結果となりました。MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)、日東駒専(日本大、東洋大、駒澤大、専修大)がすべて志願者増。

スポンサーリンク




カテゴリー




カテゴリー