子供にとっては退屈な時間が良いことの理由を説明します

カテゴリー

子供にとっては退屈な時間が良いことの理由を説明します

スポンサーリンク

退屈は子供に良いです(理由はここにあります)

退屈は子供に良いです(理由はここにあります)
宿題とクラフトプロジェクトとスクリーンタイムの間のどこかで、あなたの子供は「私は退屈しています」という不満を持って具体化します。しかし、まだそのギャップを埋めるために行動に飛び出さないでください。結局のところ、退屈は実際には良い子供たち、素敵な事はあなたがそれらがこの時間の間に楽しませ続けるためにスクランブルとして考えるようにするために。しかし、どのようにしてその気持ちを最大化し、さらに良いことに、あなたの子供をより頻繁にその位置に置くのですか?子どもの発達の専門家と子どもの神経心理学者に検討を依頼しました。

スポンサーリンク

退屈を否定的なものとして考えるのをやめる

退屈という言葉を聞くと、それを受動的な赤字状態と考えるかもしれません。あなたの子供は何の関係もありません、あるいはさらに悪いことに、彼らは現在の提供物に楽しまれていません。「私たちはその考え方を覆し、退屈を子供たちの機会と考える必要があります」と、ストラットフォードスクールの最高学術責任者であるジャンヌホイブレヒトは説明します。

私たちが「退屈」と呼ぶその感覚は、実際には、ある種の刺激に対する脳の渇望であり、何をすべきかわからないという内部エネルギーを強調しています、とメアリーブリッジ小児病院および健康ネットワークの小児神経心理学者であるクリスラディッシュ博士は言います。「それは心の指示の方法です。「私は準備ができていると感じていますが、何のためにあるのかわかりません」と彼女は付け加えます。親の仕事は、子供たちがその気持ちを利用し、退屈を前向きなものと見なすのを助けることです。

スポンサーリンク

子供のための退屈の利点は巨大です

親の究極の目標は、子供たちが退屈の時期を独自に認識してナビゲートできるようにすることです。「退屈を超えて働くことは、子供たちが批判的思考と、開始、計画、精神的柔軟性などの実行機能スキルを発達させるのに役立ちます」とラディッシュは言います。「これらは、生涯を通じて発生する新しい異常な状況に対処するために不可欠なスキルです。」

それを超えて、多くの心理学者研究者は、退屈が心をさまようことを引き起こし、それが創造性につながることを確立しました、とHuybrechtsは付け加えます。しかし、現代の生活は、いくつかの理由で退屈の瞬間を意図せずに妨げる傾向があります。「一つには、私たちは「忙しさ」を本質的に良いものとして評価するようになり、毎日毎分満たすために活動をキュレートしてスケジュールすることが多すぎます」とHuybrechtsは説明します。「退屈の始まりは、ほとんどの場合不快です。空想を始める前、そしてその空想が創造的思考につながる前に、不快感があります。そのギャップをエンターテインメントで埋めるのは人間の本能です。」(画面のクイックフィックスをキューに入れます。)

COVID-19はまた、子供と親に同様に新しい挑戦を提示します。「学校やスポーツイベントは閉鎖されており、他の人との時間は限られており、時間をかけて家にいるという目新しさはその才能を失っています」とLadish氏は言います。「要するに、子供たちはCOVID-19の挑戦に耐え、予測可能な終わりを見ることができないので、学習性無力感を経験し始めています。」幸いなことに、これは親が最大の影響を与えることができる場所です、とLadishは言います。

スポンサーリンク

子供たちが退屈を認識して最大化するのを助ける方法

まず、自問してみてください。私の子供が退屈している兆候は何ですか?彼らは文句を言いますか?注意を求めますか?家の中を歩き回る?開いた冷蔵庫の前に立ちますか?これらの退屈のマーカーに早期に気付くことができれば、それをよりよくナビゲートするための戦略について彼らに促す機会が与えられます。

Ladishは、何もすることがないときに子供ができることのリストを子供と一緒に作成することをお勧めします。「彼らの創造的な心を引き込み、新旧両方で、迅速で時間のかかる、活発で静かなものをリストに入れてください(約20程度)」と彼女は言います。次に、退屈が襲ったとき、彼らを彼らのリストに導きます。「重要なのは、活動の計画を常にあなたに頼ることなく、子供が自分の問題解決者になることを奨励することです。」(もちろん、これは年齢に依存します。これについては後で詳しく説明します。)

Huybrechtsによると、構造化されていないアクティビティや遊びの時間を毎日確保することで、子供たちの創造力を育むことができます。これにより、少し空想を同時に楽しむことができます。「ウォーキング、スケート、サイクリングなど、これらすべてが思い浮かびます」と彼女は言います。その他のオプション:芸術品や工芸品、ガーデニング、家事はすべて、子供たちを身体的に忙しくさせる活動ですが、認知的負荷は軽減されます。「親は子供たちが退屈するのに時間を割いてから、子供たちが最初の不快な退屈の瞬間に本能的に手を伸ばす「光沢のあるオブジェクト」(YouTube、Tik Tok、あらゆる種類の画面)の数を減らすことができます。」

スポンサーリンク

あらゆる年齢の子供のための退屈なバスティング活動

退屈の扱いは完全に年齢に依存することは言うまでもありません。就学前の子供がいる場合、彼らは瞬間的に生きており、簡単にリダイレクトできることを忘れないでください。「おもちゃやゲーム、創造的な遊びのシナリオ、両親との特別な時間、着席のアクティビティを使用してください」とLadishはお勧めします。「この年齢層では、色を塗ったり、絵を描いたり、本を見たり、ぬいぐるみ、人形、アクションフィギュアを使った架空の遊びを楽しんだりできます。」短時間の身体活動もうまくいきます。

あなたの子供が5歳から12歳の間である場合、彼らはより長い期間、独立して彼らの心に従事することに優れています。これは、ボードゲーム、構築、お気に入りのシリーズからの読書、または愛する人のためのアートの作成という形で実現する可能性がある、とLadish氏は言います。また、身体活動を優先することも重要です。「エネルギー消費は、体がよりリラックスして座りがちな活動の準備ができていると感じるのを助けるために非常に重要です」と彼女は説明します。「要塞を建設したり、スカベンジャーハントをしたりするのと同じくらい簡単かもしれません。」

スポンサーリンク

10代の若者に関しては、本質的に、彼らはより独立しています。しかし、それは彼らが退屈を経験しないという意味ではありません。「退屈が何らかの形の活動の必要性を表している可能性があることを彼らが理解するのを助けることは役立つことがあります」とLadishは言います。それは、アプリを介して新しい言語を取り入れたり、短編小説を書いたり、散歩に出かけたり、写真や編み物、工芸などの新しいスキルを磨いたりすることかもしれません。「退屈は悪いことではありません。それは単に何か新しいことへの準備ができていることの表れかもしれません」と彼女は言います。「子供たちが自分の退屈を認識して問題を解決するのを助けることは、柔軟性、独立性、注意力と楽しみの増加を生み出すのに役立ちます…すべて楽しみながら。」

スポンサーリンク

何もやることや遊ぶものがない子どもが「退屈だ」と訴え、親を困らせるのはよくあることです。親も子どもたちの退屈を解消するためにあれこれと策を講じるものですが、8人の子どもを育てた母親であり人々の育児相談を受け付けているシェリル・バトラーさんが、「子どもが退屈しているからといって、必ずしも親が対応する必要はない」と主張し、その理由について説明しています。

25年間で8人の子どもを育ててきた経験者は、子どもが「退屈だ」と言ってぐずり出す場面に何度も遭遇してきたとのこと。子育てに追われるバトラーさんは子どもが退屈しないように多くの努力を費やしてきましたが、子どもたちが退屈を感じなくなることはありませんでした。しかし、やがてバトラーさんは「子どもが退屈を訴えているからといって、必ずしも親がそれを解消する必要はない」という結論に辿り着きました。バトラーさんによると「退屈は子どもとその親にとって有益なものになり得る」そうで、以下の4つの理由を挙げています。

スポンサーリンク

退屈は子どもの創造性を高める
ある日の午後、バトラーさんは一番年下の赤ちゃんの世話に追われ、他の4人の子どもたちを相手にする余裕がなかったそうです。普段であればバトラーさん自身が遊び相手になれなくても、子どもたちが退屈しないようにさまざまな準備をしていたそうですが、その日は忙しさのあまり何の準備もできなかったとのこと。

赤ちゃんの入浴や食事といった世話を終え、子どもたちが退屈しているだろうと思って他の4人の様子を見に行ったバトラーさんは、子どもたちが屋根裏部屋で「宇宙空間ごっこ」をしている場面に遭遇してとても驚いたと述べています。屋根裏部屋を宇宙空間に見立てたごっこ遊びは2時間以上も続いたそうで、バトラーさんは親が子どもの退屈を解消しようとしなくても、子どもたちは自分たちの創造性を発揮して退屈を解消できることに気づきました。

もちろん、子どもたちの退屈を解消しない方針に切り替えても、いきなり子どもたちが創造性を発揮して「宇宙空間ごっこ」などの遊びを発明するとは限りません。しかし、子どもたちが「自分自身で退屈な時間をやり過ごさなければならない」と理解した時、子どもたちは楽しみや喜びを見つけるために頭脳と想像力をフルに発揮し、創造性にあふれた時間の過ごし方を見つけるとのことです。

スポンサーリンク

退屈な時間は子育てに追われる親の脳を休める

子育てに追われる日々を過ごしていたバトラーさんが「最も平和」だと感じた時間は、子どもたちが昼寝をしていた時でした。バトラーさんは昼食後に子どもたちをミニバンにのせてドライブし、子どもたちが昼寝をしている間にお気に入りのコーヒーショップで紅茶を飲む時間が、最も脳が休まる時間だったと述べています。子どもたちが静かになったドライブ中に、バトラーさんは音楽を聞いたりオーディオブックを聞いたり、あるいは耳も休めて周囲の景色を楽しんだりしたそうです。

バトラーさんにとって、子どもたちが退屈な時間は脳が休まる時間でしたが、同じことが子どもたちの脳にもいえるとのこと。普段から刺激に満ちた生活を送っている子どもたちは、退屈になると忙しく動いていた脳を休めて、静かで落ち着いた時間を過ごせるとバトラーさんは指摘。子どもたちは退屈を嫌がるものですが、退屈な時間は子どもたちにとっても安らぎの時間となり、忙しい成人期に備える基盤になるとバトラーさんは考えています。

スポンサーリンク

退屈が子どもたちの興味を育てる

親は「子どもたちの想像力や興味を育む責任は自分にある」と考えがちですが、結局のところ、子どもの想像力や興味を育むのは子どもたち自身だとバトラーさんは指摘。バトラーさん一家のかかりつけ医だった小児科医の女性は、「子どものIQがどのレベルであろうと、子どもが過ごす全ての時間を親が計画するべきではない」と、バトラーさんにアドバイスしたとのこと。

小児科医の考えは、「物質的な所有であろうとボウリングや映画といった娯楽であろうと、子どもの時間をフルに満たす教育方針は、子どもたちに『外部的な動機付けに対する依存』しか与えない」というものでした。子どもが過ごす時間の全てを親がプロデュースするのではなく、何もすることがない時間をあえて残しておくことで、子どもたちが想像力を働かせることができ、自立心や柔軟性を持った大人になりやすくなるそうです。

子どもたちの遊びと成長に関する研究では、はっきりと構造化されていない遊びを行う子どもたちは意志決定スキルが成長し、興味のある分野を発見できることがわかっているほか、創造的な自由さも高いことがわかっています。親があえて子どもたちの時間を管理する役目から離れることで、子どもたちは自分一人、あるいは兄弟と共にさまざまな遊びを見つけ出し、自分の興味を育てることができるとバトラーさんは主張しています。

スポンサーリンク

退屈は親を解放する

子どもを持った親は、「自分の家族が世界で一番の家族であって欲しい」との願いから、子どもたちが常に満足して幸せでなければならないという強迫観念にとらわれがちです。バトラーさんもかつてはそう思っていたそうですが、子どもたちがどのような時間を過ごしていても自分の子どもたちであることに変わりはなく、親も適度に休憩する必要があるとバトラーさんは指摘。もちろん、子どもたちにアクティビティや遊びを提供することも必要ですが、時には子どもたちを退屈なままにさせておいても、子どもたちは自分で勝手に退屈をやり過ごす方法を見つけられるとのことです。

スポンサーリンク