医学部の裏口入学は本当にあるのか?その不公平な話とは何か?!

ここで、医学部入試の一般的な仕組みについて説明をしておきたい。医学部入試に特徴的なのは、国公立・私立を問わず、ほぼ全ての大学で前述の面接試験が必須であるという点だ。事前に、面接試験に使用するための「志望理由書」(就職試験におけるエントリーシートのようなもの)を書かされることも多い。

東京23区の公立高校は2極化進む中堅大学の付属校も志望者が増えている

中高一貫校が人気を博する一方で、都立高校は苦境に立たされている。「日比谷、国立、戸山などの都立高が大学進学実績で躍進し、『都立高校の復権』が喧伝されましたが、それはほんの一握りのトップ進学校だけの話。難関大学の合格実績を読み解くと、それらの学校をのぞいた多くの都立高は、私立の中高一貫校の後塵を拝するのが現状です」

全国739の進学校からの「オススメ大学」ランキング

やはり首位は「教育力」東大、「改革力」早稲田大、「面倒見」金沢工業大。 新型コロナウイルスの感染拡大の中で行われた21年度入試は、今までにない結果となった。鳴り物入りでスタートした大学入試改革は、国語と数学の記述式の出題や英語民間試験の活用は中止になった。改革の目玉が中止になった大学入学共通テストの志願者は2万人以上減少

「Fラン大学に入った優秀な学生」同級生のレベルに愕然とした実態とは!?

受験偏差値の低い「Fラン大学」と呼ばれる大学に、優秀な学生が入学してくるとは、どんな学生生活が待っているのだろうか。関西在住のTさんは、学業成績は優秀だが、家庭の事情で地元のFラン大学に進んだが、学校の支援と本人の努力で見事に公務員試験に合格したという。来春からは、地元のエリート公務員になることが決まり、ご両親は涙を流して喜んだ。

評価を高めた大学はズバリ 立命館アジア太平洋大学、金沢工業大学などだ

これまでの「大学入試センター試験」が廃止され、「大学入学共通テスト」が導入されます。今年は、入試制度の変更に神経質になりがちな受験生を、新型コロナウイルス感染症の拡大という大きな波が襲いました。しかし、高い評価を受けている大学がある。グローバル大学に分類される立命館アジア太平洋大学(APU、大分県別府市)である。

「最も優秀な学生」は何が凄かったのか?採用担当者が驚いた事とは!

大学生の就職活動シーズンがまもなく始まるが、企業側に高く評価される優秀な学生とはどんな人なのだろうか。かつて広告代理店勤務時代に採用活動に携わった経験の私が、「自分が出会った中で史上No.1の優秀な学生」について振り返る。就職活動をしている人は、彼とは違う人生を歩んでいるので真似はできませんが、彼がなぜ自分を採用したいと思ったのかは知っておくべきでしょう。

私立大学の学部別の偏差値を一覧で確認できます!!

82慶応義塾大(法) 早稲田大(政治経済)81慶応義塾大(文) 慶応義塾大(総合政策) 慶応義塾大(経済) 早稲田大(法) 80慶応義塾大(商) 早稲田大(商) 早稲田大(国際教養)79国際基督教大(教養) 上智大(国際教養) 早稲田大(文) 早稲田大(文化構想) 早稲田大(社会科)78上智大(法) 上智大(総合グローバル)77同志社大(グローバル・コミュニケーション) 立命館大(国際関係) 関西学院大(国際)7

最もおトクな大学は?関関同立の「真の実力と人気」を独自判定してみました!

実力、人気共に関西トップ私立大学群である“関関同立”(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)を五つの独自指標で徹底比較!関西の私立大学では同志社大学が頭一つ抜けている印象が強いがその実態は?では日本を代表する私大14校、早稲田・慶應義塾・上智・東京理科・学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政・関西・関西学院・同志社・立命館大学をピックアップ。人気・実力を測るべくレーダーチャートで比較している。

センター試験時代とはここが違う!大学22年入試「共通テスト」の傾向と対策

2021年入試の“大イベント”だった、センター試験から共通テストへの移行。実際の試験問題の傾向や難易度はどうだったのか。特集『入試・就職・序列 大学』(全23回)の#16では、21年の入試から、22年入試の必勝法を探る。初年度に出題された内容を分析し、2年目となる来年の傾向を読み解く。

早慶上理の「真の実力と人気」を独自判定!最もおトクな大学は?

実力・人気共に国内トップ私立大学群である「早慶上理」(早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学)を五つの独自指標で徹底比較!特集『入試・就職・序列 大学』(全23回)の#14では、偏差値だけでは分からない“序列”の実態に迫る。ここでは日本を代表する私立大学14校、関東の「早慶上理」(早稲田・慶應義塾・上智・東京理科大学)、

スポンサーリンク