一流大学ランキングTOP50は偏差値や就職にも強い傾向にある!?

一流大学の定義には、「偏差値」と「ブランド力」そして「社会的評価」の三つが有ります。一流大学の定義とは、一般的に誰でも名前を聞いただけで納得出来る大学を言います。ただし、一流の大学と有名な大学とでは少し意味が違います。有名大学であっても、一流の大学とは名乗る事は出来ません。三つの定義を全て持っている事が、日本でも海外でも一流大学と言われます。しかし、大学その物が本来一流のはずです。昔と違って、日本では多くの人が大学へ進みます。一流大学とは、やはり受験難易度が高い大学を一般的に言います。大学に入学したら、親元を離れて一人暮らしをする人も多いです。

苦手な数学が誰でも簡単に好きになる勉強法をズバリ教えます!【保存版】

「高校数学が得意になるにはどうすれば良いの?」「効果的に苦手を克服できる勉強法はある?」などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。「高校数学が苦手だ」「どうしてもできない」という高校生は非常に多いです。確かに高校数学は難しい教科ではありますが、正しい勉強法を実践すれば、誰でも成績を上げることができます。

共通テストは「シンプルなものにすべき」詰め込み過ぎは受験生に負荷をかけているだけ

「難化」が話題になった今年の大学入学共通テスト(以下、共通テスト)。数学I・Aや日本史Bなど7科目で、前身の大学入試センター試験を含めて過去最低平均点となった。2年目を迎えた共通テストについて、「欲張っていろいろな要素を詰め込み過ぎている」と疑問を呈する声は多いようだ。

十分な教育を受けさせれない親は子供に何を教育すればいいのか?

親の見栄で分不相応な教育を与えようとすると子供は荒れる。もし、経済的な理由で子供に十分な教育を与えてやれないならば、親はどうすればよいか。答えは簡単である。自分のありのままの姿を、子供の前にさらけ出してやればよい。一生懸命働いて生きている親ならば、自分が必死で働いている姿を、子供に見せるだけでいい。そんな親の姿を目の当たりにした子供は、親がこれだけ頑張って働いているのに進学できないのなら、進学以外のルートで人生を切り拓いていこうと決意するはずだ。

早稲田13学部・慶應10学部が私大偏差値ランキング首位に躍進した新序列を見る

私学の雄として、双璧を成す早稲田大学と慶應義塾大学。さまざまなジャンルでトップを争ってきたが、中でも世間から注目されてきたのが、入試の難度を示す「偏差値」である。 周知のとおり、偏差値では学部別の差はあるものの、早慶とも長年、両者譲らず最高ランクに君臨してきた。だが、最近では力のバランスが崩れつつある。慶應が早稲田をリードするようになったのだ。そのことを示す、早慶の偏差値順位表をご覧いただくと、第1位は慶應義塾大法学部。第2位は同経済学部で、早稲田大学で最難関とされる政治経済学部は、3位タイに甘んじている。受験戦争が熾烈を極めた1980~90年代、早稲田の政経学部が、私大文系の偏差値で首位を占めた時期もあったことを考えれば、早稲田の凋落は否めないだろう。

「一流校、二流校、三流校」の分岐点を人事部の本音で聞いてみると!?

まずは、ある大手商社の採用担当者のこんな声からお聞きいただこう。「東は法政大学、西は関西大学が採用のぎりぎりの許容ライン。それ以下の大学の卒業生は、正直言って無理に採用する必要はないと考えている」長い就職氷河期が終わり、ようやく売り手市場の時代がやってきたといわれる昨今だが、一流企業の採用担当者の頭には、厳然として「大学のランクによる採用ライン」が存在する。バブル期のように、誰もが売り手市場の恩恵にあずかれるというわけでもなさそうなのである。ちなみにこの採用担当者に「大学の一流、二流、三流の境界線はどこにあるのか」をたずねてみると、驚くことに次のような答えが返ってきた。

一流大学を目指すなら【勉強に集中する方法】を知れば合格も夢ではありません!

勉強に集中できなくて困っていませんか?心配は要りません。これは、優秀な学生たちにも生じる問題です。学習パターンを一新したり、新しい手法を試したり、必要な時には何度でも休憩することができる真に効果的な学習プランを立てさえすれば良いのです。適切な環境を整えれば、集中力が向上します。

国公立大学の一般入試の前期と後期試験の仕組みを解説します!

国公立大学の入試の特徴として、「前期日程」と「後期日程」があることが挙げられます。それぞれの日程で異なる特徴や知っておくべき知識などがあります。国公立大学の受験を考えている方は、しっかりこの前期と後期の違いや、そもそもの国公立大学の入試の仕組みを理解しておかないといけません。大学受験を成功させたいなら必須の知識です。なので今回の記事では、国公立大学入試の仕組みから前期と後期の違いなどを解説していきます。ぜひ上記の悩みや疑問を抱えている方は参考にしてください。

大学受験のストレスを解消する簡単な方法があるんです!

試験は学校教育に欠かせないものですが、多くの学生にとってはストレスとなるものかもしれません。試験という厄介な評価基準への不安でがんじがらめになって、身動きできなくならないように、フレッシュな視点で試験を見直し、大局的なストレス対処法を知ることが肝心です。多くの場合、試験に関するストレスは心の持ちように左右されるものであり、自制心によって乗り越えることができるでしょう。

スポンサーリンク