先生も教えてくれない効果的に勉強する方法を伝授します!(1)

カテゴリー

先生も教えてくれない効果的に勉強する方法を伝授します!(1)

この記事では 勉強の準備をする 勉強する場所を用意する 効果的な勉強方法を使う 効果的に勉強する  記事のまとめを見る。
机に向かって勉強するとき、目の前の本やノートに書かれた膨大な量の情報をどうやって頭に入れるか。そのためには、効率的な勉強法を身につける必要があります。最初は意識して頑張らないといけないかもしれませんが、しばらくすると慣れてきて、勉強しやすくなります。

スポンサーリンク

Part 1 勉強の準備をする

時間を管理する。1週間のスケジュールを立て、毎日決まった時間に勉強しましょう。そうすることで、学校の成績が向上します。

勉強時間は、高校や大学など通っている学校や、勉強する分野によって異なります。なるべく計画通りに進めましょう。

ただし、試験が迫っている場合は、勉強時間が長くなったり、計画から外れたりしても構いません。現実的で実現可能な、合理的な計画を立てましょう。

計画には、食事、着替え、通勤・通学などすべてが含まれます。

スポンサーリンク

学校、仕事、学校外の活動のバランスをとる。授業が忙しくなると、その年のアルバイトや放課後の課外活動をあきらめなければなりません。

時間を優先してください。ただし、学校での勉強は最優先で行うべきです。学業は将来の人生を決める基礎となります。

大学生の場合、勉強時間は、講義の難易度と単位数によって決まります。例えば、かなり難しい物理の授業で3単位を取得した場合、週に9時間(授業の3単位×かなり難しい授業の3倍)の勉強をする必要があります。

少し難しい文学の授業が3単位の場合は、週に6時間(その授業の3単位×少し難しい授業の2倍)勉強してもいいでしょう。

スポンサーリンク

2 勉強のペースは自分で決めるもの。

自分に合ったペースを見つけて、必要に応じて調整しましょう。

自分にとって勉強しやすい科目は自然と上達が早くなりますが、そうでない科目は2倍の時間がかかります。

勉強に必要な時間を配分して、自分のペースで勉強しましょう。

勉強に時間がかかる人は、他の人よりも勉強に時間をかける必要があることを意識してください。

スポンサーリンク

3 十分な睡眠をとる。

必要な睡眠時間を事前に確保しておきましょう。しっかりと睡眠をとることで、勉強時間を最大限に活用することができます。

これは、特に試験の前にはとても重要です。

研究によると、良質な睡眠をとることで、試験中の記憶力や注意力を養うことができるそうです。

一晩中勉強してテストを受けるのは良いアイデアだと思うかもしれませんが、一晩中ゴロゴロするのは避けましょう。

しっかり計画を立てて1週間勉強すれば、一晩漬け込む必要もありません。

テストの前日は、よく眠ればいい結果が得られるでしょう。

努力しても少ししか眠れない場合は、勉強の前に昼寝をしましょう。

時間は15分から30分くらいがいいでしょう。

昼寝をしてすぐに勉強を始めるのではなく、軽い運動をして息抜きをしましょう。

スポンサーリンク

4 勉強とは関係のないアイデアをリフレッシュする。

何か思いついたことがあれば、気になったことや考えたことを書き出してみましょう。

そうすることで頭の中が整理され、勉強に集中することができます。

5 電子機器を持ち込まない。

電子機器は、気が散って勉強ができなくなる大きな要因です。これらがあれば、SNSに接続したり、携帯電話でメールを受信したり、ノートパソコンでインターネットに接続したりと、様々なことができます。

携帯電話をマナーモードにしておくか、カバンの中に入れておけば、電話やメールに邪魔されることはありません。

ノートパソコンを開いてインターネットに接続することは、極力避けましょう。

YouTubeやFacebookなどのSNSをいじるだけなら、これらをブロックするアプリをPCにダウンロードしておくといいでしょう。

勉強が終わったら、ブロックを解除して元に戻しましょう。



スポンサーリンク