東大に受かる人は努力できるポテンシャルがある証拠

カテゴリー

東大に受かる人は努力できるポテンシャルがある証拠

学歴はどこまで必要?

学歴は、就職活動に生きる場合もある一方で、中には「実力主義の社会では、学歴は関係ない」と考える人もいる。

高卒の代男性は「受けたい会社の条件が『4大卒』で面接さえ受けられなかった」と語る。男性は、自身の経験から「学歴は必要」と考える。

「自分は高卒で、転職する時に受けたい会社の条件が『4大卒』などもあり、面接さえ受けられない事もあった。

スポンサーリンク

学歴で生活はできないが、仕事の選択肢を広げるためには必要なのです。

自分の学歴に不満は少しあるが、やはり生まれ変わったら勉強して、いい大学に入ろうと思うと話している。

しかし、社会に出た後は「努力と勉強で逆転できる」と語る。その努力のかいもあり個人事業主で現在年収1200万円だ。

社会に出てからも勉強や努力をすれば学歴は関係なくなります。

社会に出る時に選択肢を広げることは必要ですが、働いてからはそこからの努力と勉強で逆転できるのです。

スポンサーリンク

ある京都府の40代女性はこんな事を言っています。彼女は、関西の4つの難関私立大学とされる「関関同立」(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)出身です。

学歴については「一流大学を卒業したからといって仕事ができるとは限らないが、最初の判断は学歴(大学名)が左右すると思う」と語る。

女性は自身の学歴については「勤務先が関西地方なので、関関同立で不利益を被ったことはない」という。

しかし、「早稲田・慶應・上智と比較した時に格下に見られる。実際にそう思うため、私の学歴が高いとは思わない」とも話している。

スポンサーリンク

最大限の努力をして難関大学に合格する=ポテンシャルのある人

都内のある40代女性はこうも話している。北海道大学出身。現在年収1000万円の正社員として働いている。

女性は学歴そのものよりも、大学に合格するために「努力したこと」が重要だと語る。

例えばなにも努力しないで東大に受かる人は皆無。

つまり、『最大限の努力をして難関大学に合格する』という経験がある人は、

ある程度のポテンシャルはあると考えていいと思う考えだ。

私は家庭が貧乏だったため、奨学金を借りて国立大学に通ったが、周りが優秀な人が多く

学問以外にも学ぶことが多かった。これが一番の大学での収穫だった。