早稲田大学に合格する勉強時間と勉強法を徹底解説します!

カテゴリー

早稲田大学に合格するための勉強時間は?夏から早稲田に受かる勉強法を解説!

「早稲田大学合格にはどのくらいの勉強時間が必要?」

「早稲田に受かりたいなら、夏ならはどんな勉強をするべき?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

早稲田大学は言わずと知れた私立のトップ大学です。そのため、合格するにはかなりの勉強時間が必要になります。

今回は早稲田大学合格のための勉強時間について、夏から早稲田に受かるための勉強法とともに解説します。

スポンサーリンク

早稲田大学を目指す方は、これを参考にご自身の勉強を見直してみてください。

早稲田大学合格のための勉強時間についてざっくり説明すると

3,000~3,500時間程度の勉強が必要
MARCHよりも1,000~2,000時間多く勉強しなければならない

スポンサーリンク

早稲田大学合格のための勉強時間まとめ

早稲田大学に合格するための勉強時間は3500時間

早稲田大学に合格するためには、3,000~3,500時間程度の勉強が必要と言われています。さすが私立のトップ大学というだけあって、並大抵の勉強では合格できません。

早稲田大学に受かりたいなら3500時間が必要
早稲田大学の合格を勝ち取るには、高校3年間で3,000?3,500時間程度の勉強が必要です。これを達成するには毎日3?4時間の勉強を3年間続けなければなりません。

もちろん受験者の学力や要領の良さ、勉強の質などによっては、もう少し勉強時間を短縮できる可能性もありますが、いずれにせよ相当の努力・根気と継続が必要になります。

スポンサーリンク

早慶とMARCHでは2000時間も違う
一般的に早稲田・慶應に合格するには3,000~4,000程度の勉強時間が必要だと言われています。

一方で早慶よりワンランク下のMARCHに合格するには、2,000時間程度の勉強時間があれば十分です。

つまり早慶とMARCHとの間には、勉強時間にして1,000~2,000時間分の差があります。よって志望大学をMARCHから早慶に上げるなら、相当な覚悟が必要です。

スポンサーリンク

夏から早稲田に合格するための勉強法

ここからは早稲田に合格するためにはどんな勉強をすれば良いのかについて解説します。

スタートダッシュは早めに
早稲田大学の入試は要求される知識のレベルが高いだけでなく、問題の形式も独特なので、対策は早いうちから始めておくことにこしたことはありません。

そのため、やはり1年生のうちから継続的に努力を積み重ねるというのが良いでしょう。

部活を引退した3年生の夏からの詰め込みで何とかしようというのはかなりリスキーです。

スポンサーリンク

コツコツと計画を作って継続する

早稲田大学に合格するには1日3、4時間勉強しなければならないわけですが、無計画にだらだらと勉強したのでは、合格できるだけの実力は身につきません。受験勉強は計画的に行うことが肝心です。

そのため、まずはやるべきことをリストアップし、それを元に計画を作成するのが良いでしょう。

計画は自分の集中力の持続時間なども考慮した上で、「○○の問題集を△ページまでやる」というように詳細かつ具体的に定めるのがおすすめです。

スポンサーリンク

模擬試験を積極的に受験しよう

早稲田大学は出題形式が独特なので、合格するにはその形式に慣れることが必要不可欠です。もちろん過去問も大切ですが、模擬試験も積極的に活用すると良いでしょう。

もちろん3年生になってからも受けるべきですが、余裕があるなら1、2年生のうちから受験するのもおすすめです。

なお、模試は河合塾の「早大・慶大オープン」のように早稲田大学に特化したものを選びましょう。

夏から早稲田を受ける人向けの勉強スケジュール

部活に打ち込んでいる高校生が早稲田大学に合格するには、部活引退後の高3の夏からの勉強が非常に重要です。

以下では早稲田大学に合格するための夏からの勉強スケジュールを紹介します。

スポンサーリンク

授業で最低限のところは固めておく

高3の夏から勉強のギアを上げて合格することは可能ですが、そのためには高3の夏の時点である程度基礎は固まっているという状態が望ましいです。

そのため、高3の夏まで一切勉強しないというのではなく、高1・高2のうちから部活の傍ら最低限の勉強はしておくのが良いでしょう。

ちなみに高3の夏までの勉強としておすすめなのは、まずは学校の授業をしっかり聞き、家に帰ってきちんと復習をすることです。

また部活終わりは友達とだべらずに塾や家に直行して勉強したり、通学時間や休み時間などのスキマ時間に単語帳や問題集を使って学ぶなどの心がけ・工夫も大切になります。

さらに部活がオフの日にはたっぷりと勉強するということも必要です。

スポンサーリンク

部活引退?夏休み

部活引退後から夏休みまでの期間は、それまでの勉強の総復習を通して基礎固めをすることに費やすべきです。勉強時間としては1日6、7時間を目安にすると良いでしょう。

ちなみに英語と数学(理系)、もしくは国語(文系)は、早稲田大学特有の問題に苦戦することも多いため、基本的な問題をいかに確実に拾って行けるかということが重要になります。

よってこの時期の基礎固めが得点に直結すると言っても過言ではありません。

なお、早稲田大学の政経では2021年度から入試において数学が必須科目となり、共通テストの成績も加味されることが決まっているので、政経の受験者は数学及び共通テストの対策も行う必要があります。

スポンサーリンク

夏休み?秋の大学別模試前

夏休みから秋の大学別模試までは、学校の時間も含めて1日8時間以上は勉強するのが良いでしょう。

基礎はすでに固まっているはずなので、過去問演習を始めるべきです。直近2、3年分は直前の対策用に残しておき、それ以前のものを分野別に遡って解いていきましょう。

記述問題の採点に関しては、学校の先生や塾の講師・チューターなどにお願いするのがおすすめです。

また共通テスト利用を狙う場合や共通テストが加味される学部(政経など)を受験する場合は、この時期から共通テスト対策を始めるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

秋?共通テスト前

秋から共通テスト前までの期間では、過去問をひたすら解き直し、大学別模試の過去問などにも手を伸ばしていくと良いでしょう。勉強時間としてはこちらも1日8時間程度が目安になります。

また過去問演習と並行して、発展的な応用問題や重箱の隅を突くような問題に対応するべく、ハイレベルな問題集で演習をしたり、参考書を読み込んだりするのもおすすめです。

基本的な問題以外への対応力を高めれば、自然と得点能力も高まります。

共通テスト?試験直前
共通テスト?試験直前期には、予備校の予想問題や残しておいた直近2、3年分の過去問に取り組むと良いでしょう。

なお、新たな問題集などには手を出さない方が賢明です。それまで勉強してきたことの精度を上げるということを意識しましょう。

スポンサーリンク

またこの時期には1日10時間以上勉強するのがおすすめです。

最後にしっかり頑張ることで、不安になりがちな試験直前期にメンタルを安定させることができるため、気持ちに余裕を持って本番に臨むことができるでしょう。

浪人生は1日12時間程度勉強すべき
浪人生は現役生とは違って1日のほとんどを受験勉強に費やすことができるので、当然現役生よりも長時間勉強するべきです。

感覚としては、食事や入浴、睡眠などの時間を除いては、1日中勉強しているという状態が理想的だと言えます。

スポンサーリンク

よって勉強時間でいうと1日12時間程度勉強するのが良いでしょう。

浪人生の中には1日16時間勉強するという生徒もいますが、あまりにも詰め込みすぎるのは効率やモチベーションの観点からおすすめできません。

適度に休息も取り、1年間モチベーションを保ちながら健康に勉強を続けることも大切です。特に睡眠はしっかりとるようにしましょう。

センター利用での勉強スケジュールは?

センター試験の対策を行う場合の勉強スケジュールとしては、高校二年生からスタートする人が多いです。

特に早稲田大学のセンター利用の場合には、ほとんどの学部で9割以上の得点が必要になります。

早稲田大学の中でも最上位の人気を誇る政治系学部では93%ほどの得点率が必要になるので、このセンター利用を利用しての早稲田合格を目指すことはあまりおすすめではありません。

合格できたらラッキー程度の気持ちで受けて、他の入試方法や大学の対策に全力を注ぐべきでしょう。

スポンサーリンク

なお、センター試験の勉強法としては過去問を10~20年分程度は解くようにして、問題に慣れるようにしましょう。

早稲田に共通テスト・推薦入試を利用して合格を目指す場合
早稲田大学では、最近の傾向としてAOや推薦入試による入学者を増加してきています。

実際に早稲田大学や同等の難度を誇る慶應義塾大学では入学者のうちおよそ4割ほどは一般入試以外による入学方法であるのが現状です。

スポンサーリンク

今後もこの傾向は強まっていくと考えられます。

この入試方法による合格を目指す場合には単なる受験勉強のみならず高校での評価や課外活動での実績など総合的な力を育成する必要があります。

そのため具体的に必要な勉強時間は○○時間であると断言することはできませんが、今自分が行っている活動に対して全力で取り組む姿勢が求められるでしょう。


スポンサーリンク